sawasawaのひとりごと

私の日常や好きな事を書いてます^^ 更新はまったりとマイペースでやってます。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

舞台挨拶

先週の木曜日、「容疑者Xの献身」の舞台挨拶に行ってきました^^

友達に確認したら、福山のコンサートに一緒に行ったのは2000年だったので
8年ぶりに会うことになります
なんか実感が沸かなくて、久山に向かう車の中でも
「ましゃが福岡のこんな田舎に来るなんて信じられんよね~」って
遥々来てくれる福山とTOHOシネマズに感謝しながら行きました^^

友達は大の福山ファンだから、車の中でも食事の時にも「緊張する~~」の連発で、私も友達の緊張が伝わって実感が沸いてきました

席に着くと、前は2列しかないし舞台もないからとにかく近い!!!!!!
目の前5mほどのところにマシャがっっっ

第一声が「ただいま~!!帰って来たばいっ

きゃーーーーーーーーーー
友達もこんなに近くで見たのは初めてらしくて、声を聞いた途端ウルウルしてました^^
私もこの時ばかりは東方神起のこともすっかり忘れて(笑)、
ましゃのかっこ良さに見惚れていました

トークは10分程度かなって話していたんだけど、終わって時計を見たのが45分だったので、
開始時間の遅れを差し引いても20~30分は話してたと思います^^

トークの内容は映画の話や、福岡の印象(陸続きのホームグラウンドだって)など
司会者の質問に答えていく感じでした。
堤さんとのトークがとても面白くて、言葉では表現しにくいから書けないけど
一番印象に残ったのは“堤さんのおかんは、紫の頭に紫の洋服でクラゲみたい”という話でした(爆)
映画のタイトル『献身』について、どちらが献身的か?という質問で、
堤さんが自分のお母さんをこう表現したんです(笑)
若い頃は恥ずかしかったけど、今では面白いし大切にしているそうです^^
話はなかったけど、マシャもお母さん大好きなんだよね

映画の話をしているマシャを見て、“俳優:福山雅治”だって思いました。
8年前に舞台の上で歌ってる“歌手:福山雅治”とは全然違うように見えました。

「(出演者や監督の名前を言った後)僕達大人が、本当に真剣に取り組んで作った映画です」

こう言った時の真剣な表情が忘れられません。


マシャが私に気付いてくれるといいのに~って念じながらガン見してたんだけど(笑)
念じ過ぎて視線が怖かったのか、ずっと会場全体を見てる感じで
目が合ったって思ったのは、たったの1回、しかも一瞬でした。
その瞬間、顔がボッって赤くなるのが自分でも分かって
思わず下を向いてしまいました(。-_-。)
まともに目が合ったら本当に妊娠したかも(笑)
そのくらいマシャの顔はカッコ良くて、低音の声がとてもセクシーでした


初めて行った舞台挨拶だったので、10分程度と思っていたのが
思った以上にたくさん話してくれて、とても楽しかったです^^


舞台挨拶の後に映画を観ました。




映画の感想は。。。。。。
前日に4時間くらいしか寝ていなかっので、中盤あたりの記憶が数秒間、所々抜けてます

原作を読んでいなかったし、最後は泣けるという情報しか知らない状態で観ました。
柴咲コウさんの出演が少なかったのと、テレビのように科学的に証明するのは別の事件だったから、
ずっと意外な展開で話が進んで行きました。
内心、へぇ~へぇ~って思いながら観てた感じ^_^;

後半になってきて、会場からすすり泣く声が聞こえてきて、
両隣の人達もハンカチを目に当てて。。。
「え゛? どこでそんなに泣いてるの???」って焦ってしまいました(爆)


だった一人取り残された感の私も、終盤の堤さんの演技で号泣
『容疑者Ⅹの献身』の本当の意味と想いの強さを知りました。


エンドロールが流れながら主題歌「最愛」を聴きました。
福山雅治がこの映画の為に作った歌です。

「この映画には報われない想いがあります。この魂を鎮めたくて鎮魂歌を作りました。
そしてストーリーから少し離れた所にいる薫がふさわしいと思ったので、柴咲コウさんに歌ってもらいました。」
この言葉で“アーティスト:福山雅治”の顔を見ることができました

登場人物それぞれの気持ちを思いながら歌を聴いてると、また涙が出てきましたTTTT。


堤さんが映画の前に「1回目より2回目、3回目と観ていくと、より分かって感想が変わってきます。本当に良い作品です」って言ってました。
私も2回目は始めから言葉や細かい表情に隠された気持ちが理解できるから、
周りの人に乗り遅れることなく泣けるだろうと思います。

次は原作を読んで観に行こうと思ってます^^


※「」の言葉は私の記憶なので一言一句正確ではありません。
スポンサーサイト

| 映画の感想 | 2008-10-14 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。